スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 心理学 > なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて [by 石井 裕之 (著)]

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて [by 石井 裕之 (著)]

2005-12-13
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
石井 裕之

フォレスト出版 2005-10-12
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『コールドリーディング第2弾!』

   【エンビジ】で前作も紹介しましたね♪
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『コントロール』   『悩みのカテゴリ』

 『ダイナミックフォーキング』   『「実は・・・・」』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『信頼を得るための手法とは?』
                              
   これがなければ、なにもできません
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『無意識に入る』
 ▼『この人と会うのが楽しい!』
 ▼『「実は・・・・・・」をほめる。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『無意識に入る』
  簡単に言うと
   相手が意識しないうちに=無意識に答えを言わせる
  ということです。

  こう言ってしまうと、コールドリーディングが終わってしまう
  かもしれませんので(^^;;)
  もう少し詳しく書きます。

  
  なぜか?それは、人間自分のことは自分にしかわかりません。

  一般的には。

  ですので、その自分から答えを引き出さないといけませんが
  この引き出すときに「答えを言ってしまったこと」に
  気がつかなければ
     「なんでわかるんですか?」
  となりますよね?

  このための手法がコールドリーディングなのではないか?
  とまるるちゃんは思うわけです。
 
  ということは聞く側は「答えがわからない状態」で質問を
  するわけですから、的外れなことを言ってしまうことも
  もちろんあります。

  でも、それに気がつかせないテクニックが
  たくさんあるってことを、前作に引き続き改めて確認しています♪

 
  怖いですね・・・・。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『この人と会うのが楽しい!』
  では、そんな「無意識にしゃべってしまう」という状態に
  誰でも簡単になってもらえるんでしょうか?

  いやいや。

  特に占い師という職業は、「神秘性」
  悪く言ってしまうと「うさんくささ」がどうしてもあります。
  #逆に【神秘性】がないと、人気はでないと思いますが(笑)

  ですので、最初、初対面の場合(紹介ではない場合は特に)
  には被験者は相当警戒をもっていると思います。

  この警戒心が前面に出ている状態では、「無意識にしゃべる」
  なんてことは起こりませんよね?

  まるるちゃんの【エンビジ】だって同じかもしれません。

  こんな語り口で、ビジネス書を紹介する
  いや、最近はビジネス書をネタにして、まるるちゃんの感じたことを
  伝えるメルマガになっていますが(笑)、

  ずーっと読んでくださっているあなたは、まるるちゃんに対して
  「警戒心」というものを抱いてはいないと思います。

  でも、とったばかりのあなたは、
    「こいつどんな奴だろう?」
    「自分から「ちゃん」付けする奴は??(笑)」
  と感じていると思います。

  それは当然ですから、いいんですよ。

  まるるちゃんは、その警戒心を解いていただくのに
  毎日真摯に発行をする手法をとっているわけですが(笑)
  #でも硬くなく、くだけた論調で。

  コールドリーダーも「この人と会うのが楽しい!」
  と思わせるという方法をとります。

  イメージとしては「両手が相手の方に触れるイメージ」
  です。これって親しい人でしかありえないですよね?
  
  そんな感覚を抱いていただくことができれば
  OKなわけです。

  う~ん、そう考えると結果は同じ??(^^;;)
  見抜く目をもたないといけませんね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『「実は・・・・・・」をほめる。』
  初対面だったり、営業の場合など、相手とすぐに
  良好な関係を築きたい!ってとき
  あなたならどうしますか?

  
  そう、相手をほめますよね?

  ここでけなす!という天邪鬼もしくは天才的な能力を
  もっている人は・・・・・

    まるるちゃんにその能力を伝授してください!!(爆)

  いえいえ、本題からそれちゃいました。

  このほめるときなんですが、代替の場合いわゆる「地雷」
  を踏まないように、表面に見えている事項をほめます。

  でも、この表面に見えている事項というのは
  誰にでも見えているわけですから、ほめられ慣れているんですね。

  
  美人の女性に向かって「きれいですね」といっても
  ほめたことにならん!というのもこれです(^^;;)

  そうではなくて 
  「あなたは○○に見えるけど、実は××という面をもっていませんか?」
  と攻めてみるのです。

  これはある面が際立っている人というのは、
  逆にその反対側にも何かがある!という物理法則を
  考えてみれば想像がつくかもしれません。

  2人がまっすぐお互いに立っているときに、
  AさんがBさんを強く押すと、Bさんはなにもしてないのに
  押し返されますよね?

  必ず、強い点は、その反対にも強いものが存在して
  バランスをとっているのです。

  でも・・・これは「地雷」を踏んで相手から不興を
  買う可能性もめちゃくちゃありますから、細心の注意で・・。

  まるるちゃんはこの「地雷」をよく踏みますから(^^;;)

  それも無意識のうちに(泣)

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『相手との親しいイメージを無意識に』
                              
   生理的に受け入れられればその先が広がる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 人の特性を知り尽くしているからこそ、怖いのかもしれません。

 あの著名な金森さんにまるるちゃんがインタビューのときに
 おっしゃっていたことですが
 
  人は、【何を】話しているのかを聞かずに
   【誰が】話しているのかを聞く
 
 つまり、内容が同じであっても、話している人の著名度
 信頼度によって、受け取り手の受け取り方はまったく変わって
 しまうわけです。

 これはまるるちゃんもそうなので、確かにそうかもしれない
 と納得する反面、反省もしました。

  
 だって、それって「自分で判断していない」ってことになるじゃないですか。
 
 有名度だけで判断しているわけですから。

 もちろん、自分の知らないことをプロに聞くという
 謙虚な姿勢は必要です。

 がむしゃらに手当たり次第やるよりも、先駆者の学びに
 学ぶことももちろん大事。

 
 ただ、より大事なのは、「自分の判断」というフィルターも
 もっておくことではないでしょうか。

 その自分の「フィルタ」というものを通して初めて
 知識は、受け売りだけではなく、まるるちゃんの知識に
 なるのですから。

 
 そうでないと、脳みそは単なる記憶装置になってしまいますよ。

 それも「正確さ」という点でとても性能の悪い(笑)

 

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて


 

心理学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2018 <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.