スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 心理学 > 鉄板病 [by おち まさと (著)]

鉄板病 [by おち まさと (著)]

2007-10-20
鉄板病 鉄板病
おち まさと

日本放送出版協会 2007-09
売り上げランキング : 6223
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/10/22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『鉄板病ってなんですか?』

   最近の日本人が浸食されている病気のようです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『多数派』   『ゴネてクレーム』

 『嫉妬目線』   『勢いに流されてしまった』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『鉄板病は何が危険ですか?』
                              
   回避するためにはどうすれば・・・・
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『嫉妬目線が夢を壊す』
 ▼『背骨を持って魂を売らない』
 ▼『新・鉄板を生みだそう』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『嫉妬目線が夢を壊す』
  「鉄板」という言葉をまるるちゃんは
  普段使いませんが、世間的にそんな流れがあるかもと
  本著を読みながら思っていました。

  「鉄板」を求める気持ちは、大きなところで
  「ハズしたくない!」という想いが根底にあると思うのです。

  そして「ハズして損をしたくない!」そんな感情ですね。

  すると・・・損をしたくない余り
  他人の特に対して激しくジェラシーを感じるようになると
  著者のおちさんはおっしゃいます。

  例えば、最近「下流社会」であるとか「格差社会」という
  キーワードがでてきます。
  身分に格差があるのはおかしいですし、生まれながらにして
  身分に差がある社会はおかしいですが
  その格差を是正するためにどうする?という議論の中で
  「うまくいっている人を引っ張りおろして平均を
  とる」という趣旨のような者が含まれていると思うのです。

  本来ならば格差をなくすという視点から言えば
  だれもが高いレベルになれるような「仕組み作り」をするべきなのに。

  「機会平等」と「結果平等」という言葉がありますが
  チャンスは平等に、結果はがんばった度合いに応じて
  というのが正しい平等ではないでしょうか?

  そういう意味で、理不尽な状況に追い込まれてしまう
  事例を救済するのは当然ですが、
  共産主義国のように、働いた人と働いていない人が
  同じ対価というのでは誰もやる気がなくなりますからね、人間。

  「ハズしたくない」という想いから
  他の人の夢を壊してしまうような行動をとらないように
  注意しなくてはいけません。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『背骨を持って魂を売らない』
  かんたんに、シロとクロを決めてしまうのも鉄板病の特徴です。
  そして、一旦決めてしまったらそれを変えることが
  できないと思いこんでしまいます。

  これはなぜか?と考えてみると。。。
  自分自身の「ぶれない軸」をもっていないから
  鉄板として決めてしまったことを軸として揺るがないように
  しないといけないからではないでしょうか?

  自分自身だけの「ぶれない軸」をもっていれば
  その軸さえ狂わなければ、いろんな事象に対して
  白黒をはっきりさせずにグレーで居続けることもできるはずなのです。

  
  例えば本著で例として取り上げられていたのは「環境問題」

  現代人は生きているだけで環境に対してなんらかの負荷を
  かけています。
  だから「オレには環境を語る権利はない」と決め込んでしまっているのは
  白黒をはっきりさせすぎですね。

  自動車には乗る。でもできること、例えばペットボトルの分別回収を
  したり、エアコンをこまめに消すなど、全部が「シロ」でなくても
  グレーとしてできることがあるはずなのです。

  そして背骨を持っていれば・・・長期的に見て
  「あなたの魂」を周りから感じてもらえるようになるはず。

  よくいいますが、田舎のレストランにいって
  「ラーメン&珈琲」というメニューを見てげんなりしたことは
  ありませんか?

  どうせいくなら、ラーメン専門店、珈琲専門店で
  食事をしたいと思うのはまるるちゃんだけではないはず。

  自分自身のこだわり続ける「魂」を持った上で
  行動したりビジネスをしていくことは。。。。
  短期的に見ると損なことがあるかもしれませんが
  長期的に見れば良いことがどんどんと起こってきますから・・・

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『新・鉄板を生みだそう』
  では、「鉄板」というものはいけないものなのか?
  といえば実はそんなことはありません。

  おちさんが本著の中で述べている言葉は
    鉄板病は、鉄板「だけ」求めるから病気だ
  ということ。

  バランス良く成功を収めているのが「鉄板」ですから
  それ自体が悪いものでもなんでもなく、
  よいものであったりもするのです。

  本著で例が挙がっているのがディズニー。
  リリースされてくる映画はほぼすべてがヒットする様からは
  まさに「鉄板」。

  でも「鉄板病」的なものと何がちがうのか?
  おちさんの言葉を借りれば
    自分たちが持っている鉄板の方程式をベースにしながらも
    そこに常に「挑戦」を加味しているところ
  ということなのです。

  「背骨」をもっていること、それが自分たちの「鉄板」
  でも、それに常に固執するのではなく
  新しい何かエッセンスをそこに加えて「挑戦」する。

  これによって、安定感のあるファンをもちながらも
  「飽きる」という危険性を回避しつつ
  新しいジャンルのファンを開拓していることができるのですね。

  人は「単調さ」というものを極端に嫌うと思います。

  南の島でゆっくりすごしたい~!と言っていた人が
  1週間もすれば「退屈退屈」といいはじめるのが
  まさにこの「単調さ」に飽き飽きしてしまうから
  起こってしまう出来事。

  鉄板を持ちながら、常に新しいことに
  挑戦していく姿勢はずーっともっていたいものです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『鉄板を持ちながら挑戦する』
                              
   安定した人気と、新鮮さを持つために
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 おちさん自身が、プロデューサーとして
 常に人気を保ちながら新しいことに挑戦してきた方

 だからこそ、逆に日本中が「鉄板病」に侵されつつあることに
 危機感を感じていらっしゃるのかもしれません。

 ただ、逆にそんな世の中になりつつあるからこそ
 一歩先に「抜け駆けしよう」と思っている人にとっては
 抜け出すために必要な歩数が少なくとも
 目立つ時期になっているかもしれません。

 たくさんの人が抜け駆けしようとしている時代には
 ちょっとくらい歩いてみても全然目立ちませんでしたからね。

 そういう意味で「私だって出来るんだ」という想いを
 抱いて行動する時期としては最適なのかもなぁ~と
 思うようになりました。

 だからこそ、がんばりますね(笑)

鉄板病
鉄板病

関連記事:


 

心理学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.