スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 心理学 > 新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学 [by W.ティモシー ガルウェイ (著)

新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学 [by W.ティモシー ガルウェイ (著)

2006-08-03
新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学 新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
W.ティモシー ガルウェイ W.Timothy Gallway 後藤 新弥

日刊スポーツ出版社 2000-06
売り上げランキング : 31099
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/08/03

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『どんなゲームだ?』

   タイトルを見たときにはどんな内容か想像がつきませんでした
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『2人の自分を発見』   『セルフ2を信頼する』

 『セルフ1を静かにさせる』   『レコードの溝』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『習慣を変えるには?』
                              
   コレまでの悪い習慣を変えるための構造は?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『2人の自分を発見』
 ▼『集中-セルフ1を静かにさせる』
 ▼『セルフ2を信頼する』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『2人の自分を発見』
  本著の最初の導入部分で、大事な話がこれです。

  まるるちゃんを含め、人間の中には実は
  2種類の「自分」がいるとガルウェイはいいます。

  その2種類とは

   「セルフ1」と「セルフ2」です・・・

  とってもわかりにくい区別ですが(笑)

  本著を読むとその意図は十分に伝わると思います。

  
  簡単に、どんな「自分なのか」ということを
  書いてみると

    セルフ1:「自分」「命令者の立場」

    セルフ2:「自身」「実行者の立場」

  人は自分が分離できない一つの物であるというとらえ方ではなく
  指示を出す立場とその指示を実行する立場の2つが
  あるというとらえ方なのです

  さて、この2つの立場がどんな問題を引き起こすか??
  というと・・・・

  一般的に起こってしまっているのが
  
    セルフ1:セルフ2の真価を認めていない
            ↓
    セルフ2:セルフ1から信頼されないと緊張する
  
  という悪循環です。

  これを断ち切るためにはどうするのでしょうか?

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『集中-セルフ1を静かにさせる』
  本著が具体例がテニスで書いてあるのですが
  テニスをもしやっていなかったとしても
  想像してみてくださいね。

  もしまるるちゃんがテニスのレッスンを受けていて
  #似合わね~というつっこみが多数きそうですが(笑)
  「サーブを入れるにはもっと力強くラケットを握る!」
  こんな風な指導を受けたとしたら・・・・

  必要なところ以上に、力が入ってしまって
  うまくいかなくなりそうだと思いませんか?

  これって「力強く」という思いをセルフ1が持ってしまい
  セルフ2に対して、「命令」を出してしまったために
  セルフ2が必要以上にいろんな筋肉に力をいれてしまうのです。

  ということは・・・コレを防ぐためにはどうします??

  そう、口うるさいセルフ1をだまらせるのです!!

  そのための方法が・・・「集中」です。

  なにか一つの物に深く集中すると、他のことに気がまわらなく
  なりますよね?

  あれを利用します。

  テニスの試合中「もう少しで勝てそうだ・・でも失敗したら」
  そんな思いが沸いてこないように
  計算・思考をさせないための「集中」なのです。
  

  そのためには・・・心を「今にとどめる」ことがとっても大事。
  
  余計な思考や計算って、過去を振り返ったり
  未来を予想しようとするから発生することだといいます。

  たしかに!この説明にはとってもまるるちゃんは納得しました。

  だから、ボールの縫い目を常に追いかける手法や
  ボールが地面にバウンドする瞬間やラケットに当たる瞬間に
  声を上げるテクニックなどが、常に「今」に集中するために
  とても有効な手法なんだということにも。

  これはもちろんテニスに限ったことではないですよね。
   
  ビジネスでも「今」一生懸命やるべき行動を
  「失敗したらどうしよう」「実は無駄?」なんて思って
  集中できなかったりします(^^;;)

  そんなときに「今」に集中する脳力を高めることが
  できたら、それだけでも一歩先に踏み出せますね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『セルフ2を信頼する』
  そして・・・黙っただけではなく次にするのが
  
    セルフ2を信頼して任せること

  英語で「let it happen」として書かれていますが
  黙ってセルフ2にやらせるのです。

  そしてその結果に対して「批評」「裁判」をせずに
  セルフ2自身がきづいてフィードバックがかかっていくのに
  任せましょう。

  実は・・・人はさまざまなことをフィードバックして
  それを記憶しているのです。

  あなたが電灯のスイッチをつけようとしたときに
  「あと○○cm先に右手を動かす」なんて指示を意図的には
  いちいちだしてませんよね?

  本能がきちんと覚えて、記憶させているからこそ
  うまく動かせる動作なんです。

  
  だから、赤ちゃんはもちろんですが
  知らない行動に対してはとまどいませんか?

  でも、しばらく行動を重ねているうちに
  フィードバックされてうまくできるようになっていくと思うのです。

  
  このとき、セルフ2に「母国語」で話してあげること。

  エンビジを読んでいるあなたは、多くの方が
  「日本語」が母国語だと思います。

  そんなあなたに「スウェーデン語」で話しかけたら 
  ほぼ99%の確率で通じませんよね?(^^;;)

  セルフ2に対しても同じ。
  彼らの母国語は「言語」ではなく「イメージ」なのです!

  
  ○○してほしい!
    ではなく
  得たい結果をそのままイメージとして「映像」「感覚」
  で渡してあげることができれば最適。

  そういう意味で、プロの行動・思考を直接学べる
  レッスンであるとか、セミナーとかがいいわけですね~

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『セルフ2は初めからすばらしい!』
                              
   必要なのは自己改革ではなくてバランスの回復
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 気がついた方も多いかもしれませんが
 セルフ1とセルフ2の関係は
 上司と部下の関係にもそのまま当てはまります。

 信頼しない上司に、萎縮する部下という状況に
 なってしまった場合ですね。

 
 まるるちゃんの場合には、おかげさまで
 とっても優秀な方達と仕事をさせていただいているので
 「信頼しない上司」という形には現在のところならずに
 済んでいます。

 逆に、まるるちゃんがいろんなことを
 思いついて、それをフォローして貰っている面も多分に
 あるくらいで(笑)

 
 今のところ、意図してできているというよりも
 自然な流れがそうなっているという「運」の面が強いので
 これを機会に、自分自身・自分の周りとの関わり
 という意味でもとらえ直してみようかなと思います。

新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学


 

心理学の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <心理学版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.